こんな記事も読まれています。ワードプレスで関連記事を表示する方法!

ワードプレスで関連記事を表示する方法!

ブログの下の方に【関連記事】とか【こんな記事も読まれています】なんて書いてあるのを見かけたことがありませんか。

これがあるのとないのでは、ブログを訪問してくれた読者さんの直帰率に大きな差があるんです。

ツボを押さえた記事展開ですと、興味のある記事を次から次へと読んでくれるため、サイト全体の評価も上がります。

既成のブログサービスには、あらかじめこの機能が備わっているものも少なく無いですが、ここではワードプレスでの展開方法を見てみましょう。

この機能を使うには【Similar Posts】というプラグインを使うのですが、導入する前にもう一つ、【Post Plugin Librasy】というプラグインを導入しておかなければいけません。

なお、ワードプレスのテンプレートの中には、あらかじめこの機能が使用できるものもあるので、外観→カスタマイズで、関連記事というブロックがあるか確認してみましょう。

ではまず、Post Plugin Libraryを導入しましょう。

プラグイン→新規追加でPost Plugin Libraryを検索してください。

一番上に表示されるはずですからダウンロードしましょう。

ダウンロードしたら、すぐに有効化を選んでください。

 

WS000489 次にSimilar Postsを同じように検索しましょう。

同じように有効化してください。

はい、これで準備はオッケーです。

つぎに設定に行きやしょう。 ワードプレスのサイドバーの設定にオンマウスすると、Similar Postsという項目が増えているはずです。

クリックしてください。

 

WS000490

 

ここで設定するのは3箇所です。

まず、一般設定(General Setting)の中の一番上、 【Number of posts to show】これは、関連記事の表示数です。

初期設定では5記事になっていますから、好きな数に変更して下さい。

 

WS000492

 

変更したら、上にある【Save General Setting】をクリックするのを忘れないように、いわゆるセーブです。

このページでは、下の方にある【Ignore Posts】をいじるくらいでしょうか。

これは古い記事を関連記事の表示から除くかどうかの設定です。

基本的には初期値のままで問題はないと思います。

大事なのは次です。

上の方にある【Manage the Index】という項目をクリックしてください。

 

WS000493

 

ずらずら~っと何やら英語が並んでますね。 なんのこっちゃです。

ここでは上2行の設定を変更します。

 

WS000494

 

上は、言語変更するかどうか、下は中国語、韓国語もしくは日本語を使うかということですから、両方共【Yes】に変更してください。

変更したら一番下にある【Recreate Index】をポチッ、セーブです。

まだです。まだ終わりじゃあないです。

次に外観→テーマ編集を選びます。

 

WS000495

 

ここから、外観→ウイジェットを選んで、追加ウイジェットの項目にSimilar Postsがあれば、ドラッグして追加、プルダウンメニューの中に表示したい文字列を入力して【保存】をクリックして完成です。

 

WS000496

 

ウイジェットの中に項目のない場合は、以下の文字列をコピーしてCSSに貼り付けます。

 

<?php similar_posts(); ?>

 

貼り付ける場所は、テンプレートによって違いますが、外観→テーマ編集→スタイルシート内の単一投稿記事を選んで、コメントと記載されている前です。

ワードプレスの場合、CSSの改造やプラグインの導入は全て自己責任になります。

かならず、バックアップをとってから行うようにしましょう。

 

トップページへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sitio web optimizado por: Diseño Web
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: Plugin WordPress Maintenance