900万から520万に下がったぞ!例の詐欺メール!

前回アップした例の詐欺メール、展開がどうなるのか面白かったので放っておいたのですが、しつこいですねぇ。

今回は、900万から520万に値下げしてきましたよ(^^)

 

 

お客様の電話番号を取得しました。お客様の個人情報を全て記載しましたので 

↓ 確認をして相違無ければ連絡ください。

 

今度は、こんなこと言ってきましたね。

いい加減ウザいです。

こういうのってもっとビシビシ取り締まれないんですかね?

詐欺罪を厳罰化しても捕まえられないんじゃあねぇ

大体、詐欺罪ってぬるくありません?

オレオレ詐欺だって捕まるのはアルバイト気分の受け子ばっかり、トップが捕まることなんてほとんどないでしょ。

 

社会的に影響力が強いという理由で、受け子にも厳しい罪が適用されるっていったって、せいぜい2年か2年半。

まあ、初犯だろうが詐欺だって知らなかろうが、年が若かろうが問答無用で実刑にするのはいいとしてもね、もっとばっさり行って欲しいとも思うんですよね。

 

この間は、とうとう女子中学生が逮捕されましたよね?しかも主犯で。

まあ、中学生っていうレベルですから警察も逮捕できて当然だったんでしょうけど、ほんとに世も末ですね。

 

日本は民主国家ですけど、こういうところは変えていってもいいと思うんですよね。

振り込め詐欺が減らない一つの理由は、たとえ捕まったとしても稼いだ金は手元に残るからなんです。

 

警察は民事不介入といって、詐欺罪で犯人を逮捕して勾留するわけです。別に被害者にお金を返せなかったから逮捕するんじゃありません。

騙し取られたお金は、被害者自らが裁判を起こして返却させなければならないのです。

しかし、相手が普通のサラリーマンだったり、良識ある親が健在の未成年ならともかく暴力団や組織的な詐欺グループ相手に裁判を起こせますか?

日本の司法というのは、三権分立にのっとているといえば聞こえはいいんですが、自分とこの仕事が終われば「はい、それまで」なんですね。

金融機関で事件に使用された口座が判明すれば、そのお金は凍結され被害者に返却されますが、口座に残しておくバカもそうそういないでしょう。

結果、詐欺罪ですと10年以下の禁錮刑ですから、それが終わって出てくれば稼いだ金はみな自分のもの、ようは金融機関に預けないで自宅に保管しておけばいいだけの話なんですね。

 

中国みたいに、何が何でも死刑っていうのはアレですけど、詐欺自体が儲からない商売だって言うシステムを作らないことには一向に減らないでしょうね。

あと携帯会社にも責任があるかもしれませんね。

 

a0001_017637

 

支払不能者をすぐブラック扱いにするものだから、プリペイド式の携帯がなくなりゃしません。

犯罪に使われているのがプリケがほとんどだって分かっていてもです。

ブラックなんてシステムを作る前に、限度額を厳密に決めるなり、いくら以上は利用できなくするようなシステムを作るべきです。

 

やっと定額制が浸透したと思ったら、今度はアプリに対する課金です。

使わせるだけ使わせといて、払えなければブラックじゃあ、プリケがなくならないわけです。

 

オレオレ詐欺が一極集中でドカンと儲けるのに対し、こういったメールは広く浅く数をこなして稼いでいくタイプなのでしょう。

迷惑メール関連はコチラをどうぞ。

 

詐欺罪で有罪になったら、司法が全部責任をもって回収するシステムでも作ってくれませんかね。

自民党さんも消費税上げたり、軽自動車の税金を上げている場合じゃないと思うんですけど。

まあ、どうせ消費税を反対したって、解散→総選挙→自民党勝利→国民の総意みたいな感じで導入されるんでしょうけどね。

金持ち至上主義ってのは、いつまでたっても変わりません。

 

トップページへ

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sitio web optimizado por: SEO Valencia
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: Plugin WordPress Maintenance