ペタ終了!アメブロは有名人ブロガーと一般訪問者という図式

ペタ終了

いつもAmebaをご利用いただきありがとうございます。

2006年11月よりサービスを提供させて頂きました「ペタ」ですが、 誠に勝手ながら2015年11月18日(水)をもちましてサービスの提供を終了することとなりました。

「ペタ」は、ブロガーと読者のコミュニケーションを活性化することを目的に、多くの方にご利用頂いておりましたが、 同じ目的を担う、ブログの「いいね機能」への利用者の移行により、一通りの役割を終えたと判断いたしました。

サービス終了については下記を予定しております。

■サービス終了予定日 2015年11月11日(水) └ペタボタン(おねだりペタ)の提供終了

2015年11月18日(水) └ペタ帳などの全機能の提供終了

※場合により時間等がずれる場合がございます

尚、サービス終了後はペタ帳の閲覧などができなくなりますので、 事前にスクリーンキャプチャなどで保存をしていただくようご案内申し上げます。

今後は、「ペタ」のサービス運営で得た経験を基に、 より一層快適にご利用いただけるサービスを提供できるよう、スタッフ一同努めてまいります。

今後とも、Amebaをよろしくお願いいたします。

 

なんと、アメブロの代名詞とも言われていたペタが正式に2015年10月以降に廃止されることが発表されました。

1日500件上限とはいえ、ペタをもらったらペタを返すといった暗黙のルールはアメブロにおいてのアクセス数アップには欠かせない方法でした。

アメブロというととにかく有名人をはじめ利用者が多いというイメージがあります。

アクセス数が多いことで知られるFC2ブログと比較してもアメーバがおよそ4.000万人に対してFC2が2.500万人ということです。

しかし、これは会員数ということであって一般的なページビューやアクセス数はまた別の話になります。

現にパソコンからの利用者数ということに限定してみると、FC2がYahoo、Googleについで3位に位置しているのに対し、アメーバは10位です。

これは、スマホやタブレットの台頭によるものですからアメーバに限ったことではないのですが、それにしても会員数との差が全く生きていないように思えます。


無料ブログというのは、ブロガーの方たちが書いた記事に挿入される広告収入で運営されています。


つまり、どれだけ多くのページビューを獲得できるかが収入アップにつながるわけです。


今回、ペタという一般ブロガーにとって非常に魅力的だった機能をあえて削ってしまうのは何故なのでしょうか?

 

スマホサービスに注力

アメーバブログを運営しているのはご存知サイバーエージェントという会社です。


この会社が今一番力を入れているのがスマホゲームなんですね。


ブログ→ピグときた同社の主力事業がスマホゲームに移行したというわけです。


無料でブログサービスを利用しサーバーを圧迫するブロガーよりも課金してくれるゲームユーザーの方が利益が多いのでしょうか?

 

しかし、さきほど無料ブログの運営費はブロガーさんの記事に貼り付けられた広告収入から得ているという話をしたばかりです。

 

無料で使っているのは事実でも、そこから広告収入を発生してくれるならプラスなのではないかと考えてしまいますよね。

 

ところが、ここにアメブロの特異性があるのです。


それは一つが芸能人ブロガーが多いということ。


もう一つは、専用ツールが存在することです。

 

アメブロの問題点

アメブロの大きな特徴の一つに芸能人が運営しているブログが圧倒的に多いという点が上げられます。

 

およそ自らブログを運営している歌手やタレントのほとんどはアメブロを利用していると行っても過言ではありません。


で、この芸能人ブロガーですが明らかに一般ユーザーとはシステムが違うようです。


たとえば、良くも悪くもママブロとして一世を風靡した辻希美さんなどもアメブロですが、ブログを更新するだけで年収5.000万円は超えていると言われています。


その他にも美奈子さん、木下優樹菜さん、小倉優子さんなど子育てに関するブログを運営されている方が軒並み月収100万を越えているのが特徴です。

 

そして共通しているのが悪い方の話題でしょっちゅう炎上しているということです。


アメブロの会員数の男女比率は女性が60%、なかでも20代30代の女性が多いのが特徴ですからこの数字もうなずけます。

 

WS001290


ママブロ芸能人が記事を書く、2チャンネルなどでで拡散する、炎上し一気にアクセス数アップという図式です。


そうでなくても、芸能人が書いた記事は我々が書いた日記なんかより圧倒的なアクセス数を集めることが出来るわけですから、記事はタレントに書いてもらいあとは普通にユニークユーザーが集まってくれればいいということなのでしょう。


さらに、もう一つの要因がアメブロに特化したツールの存在です。


商業利用不可のアメブロで稼ぐ方法は多くのサイトで紹介されています。


コレに対して有効な手段を講じることが出来なかった運営の腹いせなのかもしれません。


圧倒的なスキルを持ったブロガーさんならこの程度の仕様変更はなんでもないのでしょうが、無料の自動ペタツールを使っているレベルのブロガーでは今回の件でアメブロそのものから去ってしまうかもしれません。


まあ、「いいね」が残るということなのでこれからはナントカそちらでコミュニケーションを取るしか無いですね。

 

まとめ

いぜん、MIXIで同じような機能である「足あと」がサービス終了したことがありました。


あの時は一気に会員数が減ってすぐにサービスが復活したのですが、今回のサイバーエージェントの強気なコメントを見ると復活はあり得ないように思えます。


主力はスマホゲーム。


そしてブログ記事は芸能人に執筆してもらえばそれでOK! あとはみんなそれを見に来てねってな感じですかね。


ま、普通に他の無料サービスを使えばいいだけの話なんですけどね。

 

 

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sitio web optimizado por: Posicionamiento en Google
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: Plugin WordPress Maintenance