GetMoney!のポイント交換(完全版)!

誰でもできるGetMoney!のポイント交換

ページトップへ戻る Getま!の交換方法

 

GetMoney!はクリポメールもたくさん届きますし、手軽にポイントが稼げるミニゲームもあるためポイント交換が容易に思えますが、1円=10Pのレートや最低交換ポイントが500円=5.000ポイントということもあり、ポチポチやっているだけでは道のりが遠いのも事実です。

はじめのうちはモチベーションを維持するためにも、他と競合していない無料案件を申し込んでサクッと交換してしまいましょう。

別に、パパドンのバナーから申し込んでくれた人たちを煽っているわけではないですよ。GetMoney!の無料高額案件はほとんど友達リファーラルの対象外ですから、安心してくださいね。

ほんとにね、始めたばっかはいいんですよ。

でもね、1ヶ月過ぎて交換できないと、簡単に心が折れちゃうんですよ。

1回でもポイント交換を経験しているだけで全然モチベーションは違いますからね。

ほんと、嘘だと思って交換まで頑張ってくださいな。

さあ、GetMoney!ですが、GetMoney!の一番GetMoney!らしいところといえば、やはり換金スピードでしょう。

最短、当日振込可能っていったらほとんどキャッシュカードと同じでございます。 まさしく、いざという時の1枚ですな。

そういった意味からでも日頃から真面目にポチポチやっておきましょう。

※と、思っていたら即日交換は失くなってしまったみたいです(T_T)

 

GetMoney!のポイント交換

ページトップへ戻る Getま!の交換方法

ポイント交換する前に一つ注意があります。

GetMoney!では初回の換金にかぎり、Amazonギフト券、iTunesギフトコード、PeX、NetMileのウエブマネーには交換できません。

初回は全て銀行振込となります。

お子さんなどが頑張って会員をやられているお家では、口座開設に年齢制限のない楽天銀行などのネットバンクを用意しましょう。

 

交換先ですがパパドンは、一旦Pexに交換することをおすすめしています。

他のポイントサイトと合算できるので、引き出し可能額の1.000円単位に持って行きやすいんですよね(^^)

また、13歳未満の場合は2回め以降であってもiTunesギフトコードには交換できません。

でもね、学生さんなんか早いうちにこういったお金の稼ぎ方を覚えておくのって悪く無いと思いますね。

下手な資格なんかより、よっぽどつぶしが効くんじゃないですかね。

少なくとも、パパドンが今高校生や大学生だったら、働かないで真剣にパソコンだけで何とかしようって考えると思いますよ。

ある意味、すっげーうらやましいですよ。

 

 

さて、また横道にそれやがりましたね。

で、モッピーでもウエブマネーに交換する時は携帯電話の認証が必要だったように、おそらくGetMoney!でも複数アカウントを用いたなりすまし対策としてこのような対策をとっているんだと思います。

悪いこと考える人達のせいで、とばっちりですけど、セキュリティー向上のためなら我慢しましょうね。

まずは、ログインして右上の囲みの中のキャッシュバックをクリックします。わざとじゃないんでしょうけど、ちっちゃ過ぎますよね?

 

WS000173

 

すいませんね、情けないポイント数で。 もう一つ注意点があったんですけど、GetMoney!は交換するポイント数を選べません。

交換申請しますと問答無用で交換可能ポイントが全額交換されてしまいます。

ですから、1回交換してしまうと、次に貯まるまではこんなみみっちいポイントになってしまうんです。

GetMoney!のポイントの失効条件は、ポイントの最終獲得日から6ヶ月経過するか、毎年3月を越えて10.000ポイント以上を繰り越すかですが、後の規定に関しては3月中に1ポイントでも獲得すればいいようなことがQ&Aに書いてあったので毎日メールのクリポさえチェックしていれば問題は無いと思います。(とりあえず3月の方は、パパドンも詳しく分からないので、該当する方は各自で確認して下さい。て、いうか、10.000ポイントも残しとくなよって話ですよね

キリのいい金額まで貯めておきたいという人も少なくないと思いますが、お小遣サイトで稼がせてもらっている者の鉄則として、早いスパンで交換しておくことをオススメします。

なにかあってからでは遅いですからね。

さて、そうしますと各金融機関ごとにズラズラっと詳細が出てきます。

 

WS000174

こんな風にそれぞれの交換先に対しての説明ですが、分かりやすいように一覧にしたのが次の表です。

 

サービス レート 手数料 最低交換額 振込日数
楽天銀行 10P=1円 無料 5.000P 4営業日
住信SBI 10P=1円 無料 5.000P 4営業日
ジャパンネット 10P=1円 無料 10.000P 4営業日
ゆうちょ銀行 10P=1円 無料 10.000P 4営業日
他の金融機関 10P=1円 無料 10.000P 4営業日
AmazonG 5.000P=500円 無料 5.000P 7営業日
iTunesG 5.000P=500円 無料 5.000P 7営業日
Pex 5.000P=5.000P 無料 5.000P 7営業日
ネットマイル 5.000P=500M 無料 5.000P 7営業日

 

最初に書いてあるように、この中でAmazonギフト券などのウエブマネーは1度銀行振込をされた後になります。

Amazonギフト券とiTunesギフト券は、それぞれ5.000ポイント単位での交換になりますね。 こうやって一覧で見てみると現金に関しては住信SBIネット銀行一択という感じでしょうか。

条件的には楽天銀行も500円からで変わらないですけど引き出す時に住信は便利ですからね。

ローソンだったら月5回まで、セブンイレブンなら制限なしで引き出し手数料が無料というのはスゴすぎます。

では、次に必要事項を記入していきます。

 

WS000184

 

記入が終わったら、『この内容で申請する』をクリック。 そうすると、受付完了表示されて手続きは終了です。

今回、あまり画像を残していなくて文章ばかりの説明で申し訳ありません。近いうちにまた手直ししておきます。

ただし、最初の方でも言いましたけど、他のお小遣いサイト(特にECナビやマクロミル)をやっているようでしたらPexをおすすめします。

詳しくはPexの攻略法!を御覧ください。

ただ、気になったことが一つありまして、パパドンは今回の交換を週末に手続きしたのではっきりとは確認できていないのですが、以前のような振込にかかる時間(GetMoney!では交換予定日)のところの記述から『最短即日~』の文字が削除されているんですよね。

3日だったのが4日になってるし……。 とりあえず、来月にでももう一度交換して確かめてみますからお待ちください。

いつもいつも、つまらない文章を最後まで読んでくれて本当にありがとうございます。 これからもみんなで、がんばってお小遣いサイトを盛り上げていきましょう!

ページトップへ戻る Getま!の交換方法

お小遣いサイト一覧へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sitio web optimizado por: Diseño Web
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: Wordpress modo mantenimiento