げん玉のポイント交換(完全版)!

誰でもできるげん玉のポイント交換!

ページトップへ げん玉の交換方法 PointExchange

 

げん玉は、リアルワールドの運営するお小遣いサイトなので、現金に交換する際には、一度PointExchangeを経由させなければいけません。

つまり、一度、げん玉ポイントをPointExchange で移行して、そこから指定の口座に振り込んでもらうという2つの段階を踏まなくてはならないのです。

しかし、PointoExchange へのポイント移行はリアルタイムで行われますし、PointExchange の現金化は最短翌営業日ですので、お小遣いサイトの中では、ダントツに早い方でしょう。

注意しておきたいのが、げん玉からPointExchangeへの移行は無料ですが、PointExchangeの現金化には手数料が掛かるということです。

しかし、月に一度だけ、最初のポイント移行時に手数料無料チケットをもらえるので、実質交換手数料は無料になります。

げん玉→PointExchangeが10P→1P PointExchange→現金が1P→1円です。

あとで、説明しますけど、おすすめは、住信SBIネット銀行ですかね。

それでは、まずげん玉のポイントをPointExchange へ移行してみましょう。

げん玉のポイント交換方法(完全版)!

ページトップへ げん玉の交換方法 PointExchange

 

まず、トップページ右上の交換をクリックします。

 

  WS000135

 

すると、げん玉のポイントをPointExchange へ移行する画面になります。

 

  WS000049

 

ちょっと、見づらいですけど50.000Pを移行しようとしています。 月1回の交換手数料無料チケットがあるのを確認して、『ポイントを移行します。』をクリックします。

 

WS000050

 

次に、PointExchangeへのログインを促されますので、『PointoExchangeのIDをお持ちの方』にチェックを入れて次へ。

 

  WS000053   問題がなければ、ポイントの移行が無事完了した旨をメールで知らせてくれます。

 

PointExchangeへのポイント移行は無料ですし、ライフマイルなどからのポイントも合算し、一時的にストックしておくことができます。

  ただし、PointExchange内のポイントは原則、有効期限はありませんが、ポイント交換が行われない状態で180日間過ぎると失効してしまいます。  

ポイントの獲得日時は、ポイント通帳で確認できますので、こまめにチェックしておきましょう。

 

WS000141

 

トップバナーの右の方にありますね。 過去のポイントの移行状況もわかるので、たびたびお世話になると思います。

 

WS000140

 

注意していただきたいのは、赤字でも書いてありますが 『※スクラッチについては、ポイント失効期限の有効期限は更新されませんのでご注意ください』 の文面です。

スクラッチというのは、PointoExchange内でできる、ゲームのようなもので高確率で1ポイントが手にはいります。

そのポイントは、180日間のポイント失効期限の更新には適用されませんよってことです。

あくまで他サイトからの移行、換金、もしくはウエブマネー等に交換しましょう。  

まあ、普通にお小遣いサイトをやっていれば心配はないですけどね。

金融機関にもよりますが、遅くても1週間以内には、指定の口座への振込が確定するのでいざという時は本当に便利です。

それでは、次にPointoExchange から現金に換金してみましょう。

 

PointExchangeの交換方法(完全版)!

ページトップへ げん玉の交換方法 PointExchange

 

まずは、PointExchangeの手数料一覧です。

 

金融機関 手 数 料 振込日数
ゆうちょ銀行 165P ※以降10.000pごとに165円 5営業日内(最短4営業日)
東京三菱UFJ 206P ※以降10.000pごとに206円 3営業日内(最短2営業日)
ジャパンネット 93P ※以降10.000pごとに93円 2営業日内(最短翌営業日)
楽天銀行 175P ※以降10.000pごとに175円 2営業日内(最短翌営業日)
住信SBIネット 82P ※以降10.000pごとに82円 3営業日内(最短2営業日)

 

  一覧表にしてみるとわかると思いますが、現金に交換する場合はジャパンネット銀行か住信SBIネット銀行の2択になると思います。

手数料はわずか11円差で、ジャパンネット銀行は最短翌日には現金化されます。

しかし、実際引き出すことを考えると、パパドンの場合コンビニが多いのですが、ジャパンネット銀行が月に1回だけ引き出し手数料が無料なのに対して、住信SBIネット銀行は、セブンイレブンからの引き出しは恒久的に無料です。

手数料が安いことも含めて、住信SBIネット銀行をオススメしておきます。

  さて、それではポイント移行を確認したら、PointExchangeのトップバナーから『ポイント交換』を選びます。

 

WS000142

  すると、下のようにそれぞれの金融機関の名前が一覧で表示されます。現金以外交換したい方は、上の方のバナーから別の交換方法を選んでください。

WS000057 WS000139

金融機関ごとの詳細が書いてありますから、よく読んで選びましょう。 ここでは、ジャパンネット銀行を選んでみます。

WS000064

必要事項を記入して、下部の『ポイントを交換する』を選びます。

……ポイントが減ってるって?

よく気づきましたね。 5.000ポイント移行したはずが4.700ポイントに減ってますよね。

パパドンが、くどいくらい丁寧に登録方法やポイントの交換方法を書いている理由がここにあったのです。

これは、パパドンが店番号を入力ミスして組み戻しされたんですね。

その分の手数料が引かれて減ってしまったんです。

ええ、普通の人は心配ないですよ。

でも、世の中には『おっちょこちょい』とか『天然』って言われる人がいるじゃないですか?

何よりも、パパドン自身の忘備録なんですよ、このブログは!

みなさんも、ぜひ有効活用してくださいね。

地雷はパパドンが片っ端から踏んでいきますから。安全な道のりを歩いてくださいね。

スミマセン。話がそれました。

ええと、『ポイントを交換する』をクリックすると、あとは確認画面だけです。

 

WS000065 ここで『ポイント交換を確定する』を選べば、作業終了です。

運営の方から、交換を受け付けたという内容のメールが送られてきますから、振込が確認できるまでは保存しておきましょう。

パパドンがげん玉を推薦する理由は、ポイントの稼ぎやすさと、現金化するまでの道のりが早いということに尽きます。

GetMoney!も最短翌営業日に現金化することが可能なのですが、クラウドソーシングがある分、げん玉に軍配があがります。

さらに、ライフマイルのポイントも合算できるのですから、いろいろな戦略が立てられるのです。

横道にそれまくって、いたずらに長くなってしまった文章に、最後までお付き合いいただいてありがとうございます。

それでは、一緒にお小遣い生活を楽しみましょう♪

ページトップへ げん玉の交換方法 PointExchange

 

 お小遣いサイト一覧へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sitio web optimizado por: SEO Valencia
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: Plugin WordPress Maintenance