げん玉で食べる!

げん玉の詳細情報

詳細情報 食べ方は 登録方法

換金方法 安全度は

WS000071

 

交換レート 10ポイント=1円
交換先 ゆうちょ銀行、楽天銀行、その他銀行、PointExchange、
最低交換 3000ポイント=300円
運営会社 株式会社リアルワールド
紹介制度 有り(3ティア制)
家族会員 認めている※

※1台のパソコンに複数のメアドは不可!パソコンが人数分いります。

 

げん玉は老舗のポイントサイトで色々な稼ぎ方があり、他のお小遣いサイトのことを考えると、一日で全てを制覇するのはまず難しいかもしれません。

お小遣いサイトをやられている人でげん玉に登録していない方は、まずいないのではないかと思うほど人気の高いサイトです。

まずは1ヶ月1万円のコーナーでも必須サイトとなっていますからぜひ登録してください。

別にここのサイトからでなくてもいいのですが、登録していただければそれだけで250ポイントがサービスとして付いてきます。

お得なサービスですからぜひ利用してくださいね。

 

 

↓↓ココから登録すると250ポイントもらえます!!

 

げん玉の食べ方

詳細情報 食べ方は 登録方法

換金方法 安全度は

げん玉は稼ぎポイントが多く存在しますので全てを周ろうとせず効率を第一に考えるべきです。

げん玉の攻略法!の中でげん玉のコンテンツを詳しく説明していますから参考にしてください。

スマホサイトに登録して、『モリモリ選手権』などのいくつかのゲームとクリポだけでも毎月交換ポイントに達することが可能です。

さらに、げん玉にはクラウドソーシングサービスというものがあり、これを使えば換金額の調整も可能です。

詳しくはコチラをチェックしてください。

 

げん玉の登録方法

詳細情報 食べ方は 登録方法

換金方法 安全度は

げん玉の登録方法は特に難しいことはないでしょう。

心配ならげん玉の登録方法(完全版)!に手順を書いておきましたので参考にしてください。

ただお小遣いサイト攻略では欠かせない家族登録ですが、げん玉の場合は少々ルールがあります。

それは同一パソコンでの利用が不可になっているのです。 別々のパソコンとメールアドレスを用意したほうが安全です。

 

げん玉の換金方法

詳細情報 食べ方は 登録方法

換金方法 安全度は

げん玉の換金方法は少し変わっています。

現金とウエブマネーで換金の方法が違うのでコチラからよく確認して下さい。

ちなみにパパドンは最初の換金の時、支店番号を入力間違いしてみすみす貴重な200円を損しました(T_T)

げん玉の場合は1ポイント10銭からの積み重ねですからね!

馬鹿にできませんよ!

ほとんどのお小遣いサイトが単体で換金、交換ができるのに対してげん玉の場合は、PointoExchangeを1回挟みます。

げん玉のポイント交換(完全版)!で手順をよく確認してから交換されることをお勧めします。

 

げん玉の安全度

詳細情報 食べ方は 登録方法

換金方法 安全度は

げん玉を運営しているリアルワールドはげん玉以外にもお小遣いサイトのライフマイルや交換サイトであるPointExchangeを運営している大きな会社です。

平成17年設立ですが、この手の会社の歴史が浅いことはしょうがないことです。

むしろリアルワールドに何かあるとすれば、この業界そのものが危ないと言えるときかもしれません。

げん玉に関してはそのくらい安心できるサイトといえます。

ちなみにライフマイルも頑張っているな~と感じるサイトです。

とにかくメールのクリポが簡単で良心的です。

詳しくはライフマイルの攻略法!を御覧ください。

けっこう美味しいですよ♪

しかし、どの紹介文でも書いてますが過度の信頼は禁物です。

換える時はパッと換えましょう!

特にげん玉→PointExchange→現金も場合、月に1回、手数料が無料になりますから、月1回を目安に交換されるといいと思います。

 

SSL有り     プライバシーマーク有り

※SSLというのはインターネット上で行われる通信にかける暗号の事でデータの改竄や盗聴を防ぐことが出来ます。 ※プライバシーマークとは、個人情報保護に関して一定の要件を満たした事業者に対し、一般財団法人日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC) により使用を認められる登録商標のことです。

お小遣いサイト一覧へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sitio web optimizado por: Posicionamiento en Google
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: Wordpress modo mantenimiento