ECナビのポイント交換(完全版)!

誰でもできるECナビのポイント交換

はじめに EC交換 Pex交換

ECナビは、あっという間に交換可能までポイントが貯まるサイトです。

3000ポイント貯まってすぐに交換するのか、キリの良い1.000ポイント以上まで貯めるのかはみなさまにお任せしますが、現金に交換したい場合、他にPexポイントを持っていなければ5.000ポイントまで貯めなければいけません。(ECナビは3.000ポイントから1.000ポイント単位→Pexが5.000ポイント単位の交換のため)

ECナビのポイント交換は、げん玉やライフマイルがPointExchangeを経由するように、一度Pexに交換しないと換金できないのです。

しかし、Pexはお小遣いサイトをやっていく上で、とても便利なシステムです。

 

Pexにはほかのサイトからもポイントを集められるので300ポイントになった時点で、一度Pexにポイント交換されてはどうでしょう?

一度でもポイントを交換して現金なり金券に変えることによって、お小遣いサイトが本当にお金を稼げるところなのだと認識することができるんです。

多少なりとも、モチベーションが上がることで、単調になりがちな、お小遣いサイトめぐりにも弾みが付きます。

ですから、とりあえず一度目は早めの交換をオススメしておきますね。

 

ここでは、ECナビからPexと、Pexからそれぞれのポイント交換方法を見ていきます。

 

 

ECナビのポイント交換!

はじめに EC交換 Pex交換

 

ECナビでは、所持しているポイントが交換可能な数になると、トップページから知らせてくれます。

ポイント交換

 

同時に、直近で失効するポイントの数や時期も教えてくれるので確認しておくといいでしょう。

そのまま『ポイント交換』をクリックすると、交換ページにジャンプします。

 

申し込み

 

Pexの下にある『詳細・申し込み』をクリックします。

ここで、すでにPexの会員になっている方は青い丸を、まだの方は赤い丸の部分をクリックしてください。

 

Pex申し込み

 

ここでは、Pexに登録していないと仮定して進めていきますね。

赤い丸の部分にある『会員登録』をクリックします。

会員登録のページにジャンプしますから、メールアドレスと画像認証を行います。

ここで、表示されるアルファベットは全て大文字です。Shiftキーを押しながら入力しましょう。

 

認証

 

すると、入力したメールアドレスに下記のようなメールが届きます。

 

仮登録

 

メールに記載されているURLをクリックして本登録に進んでください。

 

ほとんど全ての個人情報を提供することになりますが、Pexはお小遣いサイトで稼いでいくためには必ず必要になります。割りきって登録してしまいましょう。

Pexでポイントを交換できるサイトの一覧等は、Pexの攻略法!に書いてあります。

チリツモ山ナレバのパパドンにはPexがあるのと無いのではエライ違いなのです。

Pexがあれば、月に数百円しか稼げないお小遣いサイトも生きてくるってもんなのです。

 

さて、入力が終われば、よく確認してとっとと登録を完了してしまいましょう。

会員登録が済みましたら、一旦ECナビに戻ります。

再び、さっきの手順を繰り返し、今度は青い丸の中の『交換申し込み』をクリックします。

Pexへの会員登録が無事済んでいれば、『Pexポイント口座番号』が記入されているはずです。

 

Pex口座番号

ここで、交換したいポイント数を入力して『次へ』をクリックします。

すると、認証画面にジャンプします。

 

生年月日認証

 

ここで、生年月日、ECナビのパスワード、それに画像認証を入力します。ここでの画像表示は小文字だけのような気がします。

注意するのは、3回続けて間違えるとポイント交換ができなくなるということです。

パスワードを忘れても、メールアドレスさえ分かればすぐに変更することができますが、困るのは生年月日を間違えた時です。

誰でも、ご自分の生年月日を間違える訳ありませんから、考えられる原因は最初の入力時に間違えて入力したということです。

こうなると、運営に直接問い合わせフォームを使って聞くしかありません。

今さら言うのもなんですが、最初の入力の時は注意しましょうね。

ここまで、間違いがなければ『交換する』をクリックして決定してください。次からはPexから金融機関へのポイント交換を見ることにしましょう。

 

Pexの交換方法!

はじめに EC交換 Pex交換

 

Pexのポイント交換は、トップページ左上の『ポイントを使う』をクリックしてください。

ポイントを使う

 

次に希望交換先がズラズラっと出てきますから、中程にある『現金』をクリックします。

メニュー

 

ここで、交換先の一覧を見てみましょう。

 

交換先 レート 手数料 振込予定日
楽天 5.000P=500円 50円 リアルタイム
ゆうちょ 5.000P=500円 50円 翌月25日
ジャパンネット 5.000P=500円 100円 翌月25日
住信SBI 5.000P=500円 50円 翌月25日
その他 5.000P=500円 200円 ~数日

 

ざっと、書き出してみましたけど悩むまでもなくPexの場合は楽天銀行一択なんですね!

手数料50円で入金がリアルタイムですからね、Pexへのポイント交換が数日かかるので、これは本当にありがたいですね。げん玉とPointExchangeの関係みたいですね。

 

Pexに関しては、我らの住信SBIも楽天銀行には敵いません。

おとなしく楽天銀行に交換しましょう。

それぞれの金融機関の一番右端にある『交換申込へ』をクリックします。

はい、ここでパスワードを入力して交換条件を確認します。

 

交換条件

 

Pexは月の交換限度額が100.000円なんですね。

 

「んだよ~、今月もPex余っちまったよ~。上限もっと増やしてほしいよな~」

 

みたいなことを、早く言ってみたいもんですね(^^)

このあと、支店番号、口座番号、名義氏名、例によって『秘密の質問の答え』を入力すれば完了です。交換したいポイント数を入力して『次へ』をクリックします。

最終確認して『交換する』を選べば手続き終了です。

 

リアルタイム入金の素晴らしさを体感しようではないですか♪

 

駆け足で見てきましたけど、Pexは本当に便利なシステムです。有効に使ってお小遣いライフをより、楽しい物にしていきましょう。

今回も最後までご覧くださいましてありがとうございます。

はじめに EC交換 Pex交換

お小遣いサイト一覧へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sitio web optimizado por: Posicionamiento en Google
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: Wordpress modo mantenimiento