Chromeでグーグルアドセンスが表示されない時

グーグルアドセンス

グーグルアドセンスというのは、グーグルが提供している広告サービスでブログの訪問者が広告バナーをクリックしてくれることで報酬が発生します。

他の多くのアフェリエイトと違い成功報酬ではなくクリックするだけで成果になるため最も稼ぎやすいアフェリエイトの一つでしょう。

しかし、簡単で手軽な反面、グーグルからの規定や罰則も厳しく違反行為の内容によっては一発でアドセンスのアカウントを剥奪されてしまう恐れもあります。

 

グーグルアドセンスの規約の中にはお小遣いサイトや情報商材を紹介するサイトに貼り付けてはいけないというものもあるので、当ブログのようにお小遣い関連のブログを運営するにあたってはあまり考えなくてもいいといえます。

当然、このブログにもアドセンス広告は貼っていませんが、ネットで食べていこうと考えた時には避けて通れないことも事実なので機会を見てちょくちょく説明していきたいと思います。

 

Chromeだけ表示されない

天下のグーグルさんが運営しているわけですから、取引可能になっただけで結構テンションが上がっちゃいますが同時に厳しいことでも有名ですから常に自分のブログが規約に抵触していないか注意を払う必要があります。

管理人が運営しているトレンドブログである時一つの記事だけが広告スペースが白紙で表示されたことがあったんです。

ChromeもForefoxもoperaもみんなダメ!

理由が分からず焦ったことがあったんですがその時は記事の内容に問題がありました。

その記事はプロレスラーのタイチ選手が不倫相手に生々しいSNSのやりとりを暴露されるといったもので、管理人はまじめにリベンジポルノの記事を書いたつもりだったんですけど、グーグルには公共良俗に反する内容と捉えられたのかもしれません。

その時は、まだ始めたばかりで1記事1時間以上掛けて仕上げていたんですが、思いついてすぐに泣く泣く削除しました。

これをそのまま放っておくと、やがて注意勧告が来て改善されなければそれなりの処置が待っているわけです。

しかし、これがアダルトサイトへの貼り付けとかになると1発剥奪になることもありますから笑い話ではすみませんよね。

で、今日お話するのはFirefoxなど他のブラウザでは問題ないのに、一番近いChromeでだけ広告が表示されないという時の対処法です。

 

キャッシュ

まあ、広告にかぎらずキャッシュを放っておくといろいろと不具合が起きますから早めに処理しておいた方がいいにこしたことはありません。

まず、ブラウザ右上の三本線をクリックして設定をクリックします。

無題931_compressed

 

次に一番下までスクロールして詳細設定を表示。

無題932_compressed

 

閲覧履歴を消去選びます。

 

無題933

 

 

期間のアイテムがすべてになっているのを確認して、キャッシュされた画像とファイルにチェックを入れて最後に閲覧履歴データを消去をクリックします。

 

ここで、cookieも消去することが出来ますが、cookieは各サイトのパスワード情報なども記録されているため慎重に行いましょう。

逆を言えば、Lastpassなどでしっかりとバックアップを取っておけば常にブラウザは安全で軽い状態が保たれることになりますね。

 

無題934_compressed

 

また、Chrome拡張機能であるエクステンションの中には自動でキャッシュを消去してくれるものもあるのでお勧めです。

 

関連記事:早さが自慢のChromeが最近遅い、そんな時のエクステンション Cache Killer

 

エクステンションを無効にしてみる

結局、管理人の不具合の理由はこれだったんですけど、後から考えてみれば当然といえば当然というものでした。

ChromeのエクステンションやFirefoxのアドオンといったものは非常に便利で、特定の拡張機能に対する代替機能が見当たらないばかりにブラウザの変更を躊躇することだってあるほどです。

今回原因になったのは、AdBlock と ContentBlockHelperです。

どちらも、ブログページにある広告をブロックしてブラウジングを高速にするためのエクステンションなんですが、当然のことながら自分のブログにも影響しますよね。

便利だからといって次から次へとエクステンションを入れていって、広告のないブラウジングが当たり前になっていたために盲点になったというわけです。

解除方法は簡単です。

先ほどの設定のあとに、左の一覧から拡張機能を選びます。

無題935_compressed

対応するエクステンションの右側にある有効からチェックを外して有効にするの状態にしましょう。

無題936

で、不具合のあったページをリロードすると無事にアドセンス広告が復活しているはずです。

対応するエクステンションがはっきりしない場合などは設定→詳細設定と進み、最下段にある設定のリセットを使ってみるのもいいかもしれません。

ただし、この場合全てのエクステンションが無効になってしまうので必要な物はもう一度有効にするという手間が必要です。

 

まとめ

アドセンスの対処法をざっと見てきましたが、これでも状況が改善しない場合はアドセンスチームに報告することをお勧めします。

苦労して入手したアドセンスの権利は一度剥奪されてしまうと再登録が非常に困難になります。

 

問題が起きる前に自己申告して指示を仰ぎましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sitio web optimizado por: Posicionamiento en Google
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: Wordpress modo mantenimiento