マクロミルのポイント交換(完全版)!

誰でも出来る、マクロミルのポイント交換!

はじめに Pexへの交換

マクロミルは何にポイントを交換しても手数料がかかりません。

その代わりに現金に換金する場合は指定銀行が次の6行に限られます。

●楽天銀行

●ジャパンネット銀行

●ゆうちょ銀行

●三菱東京UFJ銀行

●みずほ銀行

●三井住友銀行

500ポイント以上であれば月に何度でもポイント交換を行うことができます。

振込手数料もマクロミルが負担してくれるので無料ですが振込は末日締めの翌月20日以降にまとめて入金されます。

つまり、何度手続きをしても一括でまとめて入金されるというわけです。

その他にも、マクロミルの交換先としてAmazonギフト券、T-ポイント、Pex、などがありますが、パパドンのお勧めはPexです。

リアルタイムでポイントが交換されますし、手数料も無料です。

Pexから楽天銀行に入金すれば手数料は50円掛かりますが、これまたリアルタイムで入金されます。

50円を痛いと感じるか、はたまた20日間の待ち時間をもったいないと感じるかはあなた次第です。

では、最初に金融機関へのポイント交換を見てみましょう。

 

現金への交換方法

はじめに Pexへの交換

まずログインしてトップページから以下の場所をクリックします。

 

WS000031

 

すると、交換先一覧にジャンプするので希望の金融機関を選びます。

住信SBIネット銀行がないのが残念ですが、ここではジャパンネット銀行を選んでみます。

本人確認

すると、まず本人確認を求められますから、パスワードと生年月日を入力して送信ボタンをクリックします。

 

金融機関

 

ページ中程の矢印の部分にチェックを入れて、右側の500Pの数字を交換したいポイント数に合わせます。

終わったら、一番下にある『ポイント交換申込内容確認』をクリック。

間違いなければ、そのままポイント交換申込をクリックすれば完了です。

さきほども書きましたが、金融機関への振込は末締めの翌月20日以降ということだけは覚えておきましょう。

次にPexの交換方法です。

 

Pexへの交換方法!

はじめに Pexへの交換

Pexへのポイント交換も基本的には現金と交換する時と変わりありません。

振込先を指定するところで、Pexを選びましょう。

同じように交換したいポイント数を選びますが、Pexへは1日1.000ポイントまでしか交換できません。

Pex

一番最初にPexにポイント交換する時は、紐付が必要になります。

この時点でまだPexに登録していなければ、ついでに登録してしまいましょう。

 

Pex交換

 

Pexの紐付が済んでいれば、Pexポイント口座番号が表示されます。

間違いがなければポイントを交換して完了です。

Pexのマイページからポイント通帳を確認してみると……。

 

WS000357

 

はい、本当にリアルタイムで移行されていますね。

Pexから楽天銀行へは、手数料50円でやはりリアルタイムで入金されますから、パパドン的にはやはりこちらをお勧めします。

今回は、マクロミルのポイント交換を見てきましたが、普通にアンケートをこなしていけば、まず最初の月に交換ポイントに達することと思います。

実際にお小遣いを手にして、明日からのお小遣いサイトライフにはずみをつけようじゃありませんか。

 

はじめに Pexへの交換

 

アンケート一覧へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sitio web optimizado por: SEO Valencia
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: Plugin WordPress Maintenance