在宅で食えるんなら、社会に出る必要なんてないでしょ?







 

はじめまして、このブログの管理人をしている、パパドンと申します。

このブログを立ち上げた時、パパドンは50歳になりました。

きっかけは、病気で仕事を辞めざる負えなくなり、貧乏と絶望のどん底で知ったポイントカードの残高でした。

パチンコ屋の店長などして、かなりいいお給料をもらっていたパパドンは、毎朝、毎晩コンビニやドラッグストアで買物をしておりました。

言われるままに提示していたT-ポイントカードには、数年間で2.000円近いポイントが貯まっていたのです。

病気のために仕事を辞め、一年が過ぎる頃には蓄えも底をつき、妻のパートとパパドンの失業保険だけが生活の糧というありさまで、月末にはいつも金欠状態で過ごさざるおえません。

 

ある時も、入金を3日後に控え、空っぽになった冷蔵庫を見てため息をついていた時、ふと妻がカードのポイントのことを言い出したのです。

パパドンにしてみれば、1回に数円とかいうレベルのポイントが、そんなに貯まっているとは思えず、半信半疑でネットでポイントの残高を調べてみると、1700円ものポイント残高が残っていたのです。

 

笑っちゃいますよね?

50男が1700円もの……ですよ。

 

でも、この時『チリツモ山ナレバ』という言葉が突然頭に閃いたのです。

今まで、高給を頂いていた時は、鼻にも掛けなかった1円を真剣に稼いでみようと考えたんです。

 

パソコン

パソコン1台でやれるとこまでやってみよう。

手始めは、お小遣サイトです。

それから、クラウドソーシングで小金をため、およそ2ヶ月かけてブログを2つ立ち上げました。

その内の一つがこのブログです。

 

ブログを立ち上げるにあたって、たくさんの情報を拝見させていただきました。ある時はPDFだったり、ある時はYoutubeだったり、しかし、教えている皆さんの若いこと!

 

みなさんがネットで稼ぐようになったきっかけを聞いても、小学校の時から興味があったりとか、学生時代プログラムをかじっていたとかそういうレベルです。

 

今の小学生のヒーローがヒカキンというのも頷けますね。

 

パパドンが、始めてパソコンを買ったのが24歳の時で、たしかNECの98シリーズっていったかな? 30万円以上してハードディスクの容量がMB(メガバイト)というシロモノでした(^^)

学生時代、コンピューターに関する勉強なんてありませんでしたもの。

ですから、今の人達は恵まれていると思います。

景気が上向いてるとか言っても、しょせんは一部の人達の話だと思いませんか?

 

そりゃ、一流企業や公務員として働いている方は、頑張ってお仕事を続けられるべきだと思いますが、そうでもない人が、なにも我慢して会社のためにあくせく働く必要はないと思うんですよ。

 

外国は知りません。ひょっとしたら自分のためだったり家族のために働けるのかもしれませんけど、日本は違いますよ。会社のために働いているんです。

 

社畜

 

それでも、いい職場環境で、気の合う同僚と理解力のある上司に恵まれているなら会社のためでもいいでしょう。まがりなりにもお給料をもらえるんですからね。

でも、なにかを我慢したり、なにかを犠牲にしてまで会社に尽くす必要はないんじゃないでしょうか?

結婚されていて、お子さんでもいるなら話は別ですが、まだ若く、これから人生の設計図を描いていこうとしている人たちなら、家から出なくたって十分生活できます。

 

少しでも家から出ることができて、人と話ができるなら楽勝で生活できます。

 

一度、休日を潰して、真剣にインターネットで調べてみてください。このモニターの向こう側には、たくさんのお仕事が転がっているんです。

 

どんなに、自分自身がまじめに会社に尽くしても、潰れる時は潰れます。別にあなたの都合なんか関係ありません。何百万円、給料をもらっていようが失業保険は20万ちょっとです。

 

これからの時代、働くのにあたって新卒だ中途だなんて関係ありません。(繰り返しますけど一流企業は別ですよ)

一度きりの人生なんですから、どんなに回り道をしても遠回りをしてもいいじゃないですか?

 

気球

 

今、20代、30代の人たちは、男だって女の人だって、おそらくパパドンの半分の努力で、簡単にパパドンの実績を超えることができるはずです。

 

そのくらい、脳にも体力にも可能性を秘めているんですよ。

 

パパドンは、せめて5年前にお小遣サイトと、真剣に出会えていたらとはげしく後悔しています。

 

家賃85.000円のマンションで、奥さんと5匹の猫を抱え、どこまで生きていくことができるかは分かりませんが、少しの努力と知恵で楽しく生活することができるのです。(今のところはですが……)

 

このブログは、少しでも多くの若者をパパドンのような不幸な人生に引きずり込むことが目的で作られました。

 

違います!

 

悔しいんです!

 

パパドンの友人にも色々な人間がいます。親のコネで大企業に就職したやつ。要領だけよくて、いつの間にか大手スーパーの管理職になった元ホスト。

運やめぐり合わせだけで、この世の勝ち負けが決まるなんてあまりにも不条理です。

 

パパドンは、今、社会ででかい面をしている奴らを見返せるような人たちがどんどん出てきて欲しいと思っているんです。

もちろん、パパドンだって見返してやりたいと思っていますが、いかんせん50歳です。信長の時代ならもう死んじまってます。

Youtubeに投稿している人たちは、みな自信に溢れ、活き活きとしています。

ただ、生活するだけだったらパソコンとネット環境があれば誰でもできます。これは言い切れます!(あ、ちょっと待って下さい。普通の人だったらを付け加えますね)

 

贅沢できるかどうか? 成功者となるかどうかは、みなさんの努力しだいです。

ほんと、若いっていうのはなにものにも代えがたい武器なんですよ。

これは、今49歳の人にも言えます。

パパドンがいくらお金を貯めたって、その一年を買うことはできないんですからね。

考えてちゃだめです。1分考えたら、その1分はもう帰ってこないんですから。

とりあえず、疑問に思うことをネットで調べて、寝る時にベッドに入ってから考えればいいんです。

起きてる時は、ひたすら行動あるのみです。

このブログは、パパドンが生きている限り、あたらしいネットビジネスを試して、どんどん更新していくつもりです。

50の文系出身のおっさんにできることが、あなたたちにできないわけ無いじゃないですか?

もう一度言いますよ。

『在宅で食えるんなら、社会にでる必要なんてないでしょ?』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Sitio web optimizado por: Diseño Web
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: Wordpress modo mantenimiento